アパートの管理に安心をプラス!あると便利な門扉と柵

賃貸アパートでの生活をはじめるにあたり、セキュリティを気にする方も多いのではないでしょうか?手軽な賃料で生活できるアパートですが、セキュリティ面が心配・・そんな入居者の不安を解消するため、敷地に門扉や柵を取り付けて安全対策をするアパートが増えています。

1. セキュリティ面の不安

賃貸アパートでの生活は、賃貸マンションに比べるとセキュリティ面で不安があるイメージが大きいかもしれません。
賃貸マンションの場合、オートロック付きのエントランスが多く、住民以外は気軽にマンション内に立ち入ることができないためセキュリティ面では安心なイメージがあります。一方賃貸アパートの場合は、エントランスが解放されており、部外者でも各戸へ自由に出入りできるイメージがあります。

2. アパートのセキュリティ対策

アパートのセキュリティ面での不安を払拭するための対策をご紹介します。

(1)門扉の設置

アパートの敷地の入り口に、門扉を設置してみてはいかがでしょうか。門扉があることで防犯のイメージが高まりますし、道路などの境界線がハッキリと分かるようになる効果もあります。鍵付きの門扉を設置することで、開閉できるのは住人や関係者のみとなり、部外者の立ち入りを防ぐことできます。門扉はあるけど鍵がついていない、という場合でも、無線ワイヤレス等で対応できる後付け用の鍵もありますよ。
門扉を設置した後には、住人に開閉について協力してもらう必要があります。すでに、門扉を設置しているアパートでも開け放してしまう住人も少なくないようです。門扉は、防犯の意味合いがあることを説明し、出入りの際はきちんと閉めてもらうようにお願いすることも大切ですね。

(2)隣地との境に柵を設ける

柵などがないアパートだと、1階のベランダに干した洗濯物が盗まれることもあります。隣地との境に柵があれば、アパートの敷地が明確になりますので、犯罪への一定の抑止効果が期待できます。柵があることで、他者がアパートの敷地に入り込む危険性も低くなります。

3. まとめ

賃貸アパートに門扉や柵を設けることで、セキュリティ面へ安心感を持つことができます。安心して住人が生活できるばかりでなく、こういった整備をしておくことで、退去率の低下や、内覧時の制約率を上げる効果も期待できます。結果的に、物件の魅力を上げることに繋がりますので、門扉や柵の設置を検討されてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA