マンションの雑草対策!物件に合った対応を見つけよう

マンション敷地内の駐車場や通路に自生する草花、いわゆる雑草にお困りではありませんか?
雑草は、せっかく草刈りをしてもすぐに伸びてきてしまって、毎回対処するのはとても大変ですよね。
今回は、マンション敷地内の雑草対策について考えます。

1. マンションの雑草対策が必要な理由

敷地内に雑草が多いマンションは、見た目が悪いばかりでなく、雑草が伸びてくると見通しが悪くなりますので防犯面にも不安がでてきます。さらに、雑草が伸びた場所には、蚊、ハエや蜂、毛虫など、人間にとっての害虫が生息しやすくなります。

雑草対策をきちんとしていれば、整然とした印象を与えることができますので、マンションへの良さを周囲に与えることができるでしょう。

2. マンションの雑草対策~管理員さんが対応しておきたい場所

・マンションの出入り口 
・マンション敷地内の駐車場や駐輪場周辺
・植樹された植木の周辺
・中庭など緑が多い場所 

3. 雑草対策に適した時期

草の芽が伸び始める頃が適しています。雑草の種類により違いがありますが、大まかには、春と秋が良いとされ、5・6月、9・10月、11・12月頃に年3回ほど実施すると効果的だといわれています。
また、季節を問わずに一年中根を張る雑草もありますので、雑草が伸びてきたら草刈りをするなどの対応も必要です。

4. 雑草対策をする時の注意点

暑い時期は涼しい恰好で草刈りを行いたいところですが、トゲのある雑草や思わぬ害虫に出くわすことも考えられますので、なるべく肌の露出は避けた方が無難です。また、虫よけ対策も忘れずに行いましょう。

*おすすめの服装・・長袖、長ズボン、軍手、帽子

また、炎天下に草刈りを行う場合には、熱中症などの健康管理への注意が必要です。
こまめな水分補給を心がけましょう。

5. 草刈りと草むしりの違い

一般的な雑草対策には、草刈りと草むしりの2つがあります。それぞれの特徴は以下の通りです。

<草刈り>
草の根元を電動草刈り機などで切っていく作業

*必要な道具・・・電動草刈り機、草刈り鎌
*長所・・・手軽にできて、作業時間も短く済むのが魅力
*短所・・・雑草の根は残っているので、数日ですぐに伸びてくる

【注意点】
電動草刈り機は、手軽に草刈りができますが、慣れない方には操作が難しいこともあるでしょう。
電動草刈り機を重く感じる場合には、草を刈りたい場所を狙いにくく、違う場所に当ててしまい、思わぬ事故につながる可能性もあります。また、小石などに当たると、弾かれて小石が飛んでくることがあります。

<草むしり>
自分の手で、草の根元から引き抜く作業

*必要な道具・・・軍手、シャベル、水(事前に水を撒いておくと、土が柔らかくなり雑草が抜きやすくなります。シャベルがあれば、土や草の根を崩しながら簡単に雑草を引き抜くことができます)
*長所・・・草を根元から引き抜いていくので、雑草除去効果が長く続くのが魅力です。
*短所・・・作業に時間がかかるので、足腰に負担がかかります。

【注意点】
根元から雑草を引き抜いていくので、かがんだ姿勢で長時間対応しなければなりません。
足・腰に負担がかかりやすいので、無理のないように対応することが大切です。草むしりは、比較的狭い範囲の除草におすすめの方法です。

6. 雑草の処理

刈った草・抜いた草は、ゴミ袋に入れて、各自治体の指示に従って処分しましょう。
雑草を刈りながら、粉砕してくれる草刈り機もあります。刈り取った雑草をその場で粉砕しますので、草の処分をしなくても良いのが魅力です。

7. まとめ

雑草対策は、適切に対処することで物件への良い印象を与えることができます。
オーナー様ご自身で対応するには手間のかかる大変な作業ですので、お困りの際はぜひ一度当社へご相談くださいませ。

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA