酸性洗剤に適したマンションの汚れとは?

マンションの共用部はいつも美しく保ちたいものです。
掃除を出来るだけ効率的にしようと考えると、利用する洗剤も最適なものを選びたいですね。

洗剤の中には、成分によってアルカリ性洗剤と酸性洗剤があります。
それぞれの洗剤によって得意な汚れの種類がありますので、場所や用途によって上手に使い分けたいですよね。

この記事では、酸性洗剤の特徴や、酸性洗剤での掃除に適した汚れの種類についてご説明します。

1.酸性洗剤とは

酸性洗剤には、酸の力でこびりついた汚れを溶かして落としたり、主にアルカリ性の汚れを中和して落とす働きがあります。
液体がアルカリ性か酸性かは、pH(ペーハー)という0〜14の数値で見分けられます。

数値が小さいほど酸性が強くなり、大きいほどアルカリ性が強くなります。
pHが7前後になると中性、それ以上だとアルカリ性に分類されます。

酸性洗剤のうち、pH3未満は酸性洗剤、pH3以上6未満は弱酸性洗剤となり、洗浄力が変わります。
酸性が強いほど洗浄力が高く、汚れがひどい場合は酸性洗剤、軽い場合には弱酸性洗剤が適しています。

弱酸性はボディソープにも使われるように手肌に優しいですが、酸性は洗浄力が強い分肌への刺激も強くなります。

2. 酸性洗剤が適した場所

マンションの共用部であるトイレ、洗面所、ホースなどにできてしまう水垢は、酸性洗剤でよく落ちます。
また、トイレの便器にいつの間にか溜まってしまう尿石を落とすにも適しています。

水垢や尿石は、アルカリ性の性質をもつミネラル成分が固まったものです。そのため、反対の成分である酸性洗剤をかけると、成分が中和されてやわらかくなり、するりと落ちてくれるのです。

これらの汚れに中性洗剤やアルカリ性洗剤をかけてゴシゴシこすってもなかなか落ちないので、一生懸命掃除しても無駄な労力となり、効果が実感できません。適材適所を知り、効果的な掃除をしましょう。

3. 大掛かりな掃除はプロに任せて

酸は、硫酸やホウ酸に代表されるように、肌を溶かす成分が入っています。
家庭の水回り程度の使用であれば影響は少ないですが、広い面積を掃除するマンションの共用部の掃除ともなると、かなりの酸性洗剤を使用しますので手肌への刺激も気になります、

業務委託をして、プロに確実に綺麗にしてもらったほうが安心ですね。

4.最後に

いかがでしたでしょうか。
アルカリ性洗剤と並び、大切な物件を清潔に保ってくれる酸性洗剤を、ぜひ活用してみてくださいね。

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA