マンションの清掃 どのくらいの頻度以上だと快適さが保てる?

マンションを維持・管理する上でとても大切なのが、マンションの清掃です。

マンションは、エントランス部分や廊下、ゴミ捨て場、駐車場などの共有部分が美しく保たれているかで、印象が全く違います。

たとえ、建築にお金がかかっていても、共用部分が荒れ放題だとイメージが台無しです。

イメージが悪くなると賃料がさがり、ひいては建物の価値までさがってしまいますので、オーナーにとっては、どの程度のメンテナンスをどのような頻度で行うか、という管理は非常に大切です。

この記事では、賃貸物件の運営に際してかかすことができないマンションの清掃について、種類やおすすめの頻度などをご説明します。

1. マンション清掃とは?

マンションには共用部分と専有部分があります。

専有部分は居住者の責任で清掃されますが、エントランスや廊下、階段、外壁、屋根などの共用部分は、管理側であるオーナーが清掃し、管理していくこととなります。

小さなアパートなどであれば大家さん自らが掃除をして回ることもよくありますが、大規模マンションや業務用機器を利用して掃除するような設備が備わっているマンションであれば、掃除を外注することが一般的です。

2. おススメの頻度

マンションの清掃には、「日常清掃」、「定期清掃」、「特別清掃(臨時清掃)」の3つの種類があります。

一般的に清潔感が保てる掃除の頻度は、日常清掃は、週に二、三度程度行う必要があります。
敷地内のゴミ拾い、ゴミ置き場、エントランスや廊下などのホコリやチリを掃くなど、日常的な掃除を指します。

定期清掃とは、時期を決めて行う清掃て、日常清掃では除去しきれない汚れを、高圧洗浄機など大型掃除機器などを用いて綺麗にするためのものです。
場所や部位によりますが、月一回や年四回というように区切りの良い単位で定期的にメンテナンスをしていきます。

特別清掃(臨時清掃)とは、高いところにある外ガラスや外壁、天井にとりつけられた照明器具などを、こちらもクレーンなど専用機器を使って掃除していく作業です。汚れのたまり具合に応じて、随時決められて実施されることが多いです。

3. まとめ

いかがでしたでしょうか。理想的な頻度は物件や居住者の属性によっても様々ですが、ついおざなりになって居住者からクレームが出るようなことは絶対に避けたいものです。

日常清掃をベースに、定期清掃や特別清掃をどの程度の頻度で行うべきか物件に合わせたプランを組み、着実に実施していきましょう。

Leave a Reply Text

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA